close
Technology

ヘイズトレンド予測 2017年に求人が増える今最も旬な職業とは

オリンピックに向けた採用本格化、最新テクノロジー技術者の需要は更に拡大

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ)は、この度、2017年の国内転職市場で求人が増えると思われる5つの職業を発表いたしました。

2017年に求人が増える5の職業

1. バイリンガルのカスタマーサポート
東京オリンピックもいよいよ3年後に迫り、旅行・観光業界などによるバイリンガルのカスタマーサービスの求人が大幅に増える見通しです。

2. インダストリアル・インターネット技術者
「インダストリアル・インターネット」は産業機械をインターネットと結びつけてビッグデータを解析し、顧客に新たな価値をもたらす製造業のIoT(IIoT)の事です。インダストリアル・インターネットの技術者には、機械の知識とデータサイエンティストのスキルが求められる事から求人が多い一方で必要なスキルを持った人材が極端に少ない「人材ミスマッチ」が更に深刻になると予想されます。

3. AI(人工知能)・ロボット工学技術者
AI・ロボット工学の分野では、多国籍企業が欧米の本社と歩調を合わせて開発を進めるために、国内の優れた人材を採用しようとしており、エンジニアや研究者の需要が極めて高まると予想されます。

4. 自動運転の技術者
自動車業界では自動運転など最新技術の開発競争が激化しています。こうした中、業界における人材の争奪戦が更に激しくなると予想されます。

5. データサイエンティスト
データサイエンティストは企業に集まる膨大なデータを分析し、経営に必要な情報を導き出す職業で、様々な業界がビッグデータの活用を進めていることから求人が増えています。一方で統計学、コンピュータサイエンス、ビジネススキルなど高いスキルが必要な為深刻な人材不足で、2017年もこの傾向は続く見込みです。

技術の進化やAIの普及で需要が減る職業もある一方で多くの新しい職業が生まれています。
こうした中、日本では、技術の進化のスピードに人材のスキルが追い付いていない状況で、ヘイズが世界33カ国で実施した労働の需給効率調査「グローバルスキルインデックス」でも、日本の「人材ミスマッチ」(企業が求めるスキルと人材が持つスキルのかい離)は世界最悪のレベルとなっています。ヘイズでは、こうした調査を通して、企業に対しては人材育成への取り組み強化、ビジネスパーソンに対しては常に自らのスキルをアップデートする事の重要性を提言しています。(https://goo.gl/X2K5qc)

ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対象に人材紹介サービスを提供しているリクルートメントのグローバル・エキスパートです。

以上

 

ヘイズについて
ヘイズ(本社:英国)は、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。2016年6月30日現在、世界33カ国*、252 の拠点(総従業員9,214人)において、20の専門分野に特化したハイスキル人材サービスを提供しています。(*日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ)

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(ヘイズ・ジャパン)について
ヘイズの日本法人として2001年に東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、日本で唯一、4つの国内拠点(日本本社、新宿支店、大阪支店、横浜支店)を有する外資系人材紹介会社です。13の専門分野(経理・財務、金融、ファイナンステクノロジー、人事、IT、保険、法務、ライフサイエンス、オフィスプロフェッショナル、不動産、セールス・マーケティング、サプライチェーン、マニュファクチャリング)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約・派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービスを提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップを支援しています。